読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは何者になりたいか

ふと考える。

何者になりたいのか
たぶん何者にもなりたくないのだろう。

その時に心からやりたいと思えた事を素直にやっている。

・転職に際して

転職は結構悩んだし、大変だったけど、やりたいと思ったことが好きだと思ったことが
そうではないと気付いても自分をごまかし続けるよりはマシだろうと行動してみた。

世の中の成功者は行動するのが大事だとか無責任な事をいうけれども
よほど非現実的な事でもない限りは動けばそれなりに道は開けてくるものかなと思った。

子供の頃から明確にやりたいことが決まっていて、それを楽しんで一生続けられる人は極稀れだろう。
多くの人はあまり社会とも触れていない17~20歳くらいに本当にやりたいことを見つけろと言われても難しいと思う。

見つかったと思っても、実際にやってみたら思っていたのと違うということもあるだろう。
漫画を読むのが好き、映画を観るのが好き、だからといって漫画を描くのが好き、映画を撮るのが好きとは限らないわけだ。

社会に出て交友が広がって、新たな分野に興味を持つこともあるだろう。

年齢や家族の制約があれば人生は自分だけのものではなくなってくるから、要相談、検討が必要だが、そうでもないなら思った通り行動してみるのも悪くはないと思う。

そのおかげで自分は幸いなことに、好きで面白いと感じる職につく事ができた。

ただ、「思っていたのと違った」を逃げる言い訳に使ってはいけない。
「思っていたのと違った」と感じることができるくらい全力で取り組んで一定期間やり通す必要はあると思う。

・これからのこと

行動して、それなりに満足のいく環境を手に入れたとしても、そこで行動をやめてしまってはいけない。
縦軸を成長、横軸が時間のグラフがあるとしたら、安心して何もしなくなるのはずっと横ばいの状態だ
時間が経過するほど本来描くべきだった成長曲線との差が大きくなってくる。

ここが大きくなればなるほど、次に何かまた別なやりたいことが見つかった時に行動するリスクが高くなってしまう。

そして最近自分はあまり行動できていない。

基本的に新しいコミュニティに飛び込んでいくのが苦手なので閉鎖された空間に篭りがちだが
せっかく前のエントリである「エンジニアの学び方 - Tokyo Blogrammer」も100ブクマを超えたことだし、この学び方に則って広義の意味での学びをしていきたいと思う。


人が変わるには

・住む場所を変える
・付き合う人間を変える
・金の使い方を変える

と言うし、何者になりたいのかと問われれば

「考え方も生き方も常に変化し続けられる人間になりたい」

と答えよう。

広告を非表示にする